京都観光

京都観光ナビ

  •  
  •  
  •  

京都観光ナビ > 京都観光ナビ

建仁寺

~祇園の南に端座する京都最古の禅寺~
若くして将軍職に就き、わずか四年で追放され失意の内に没した悲劇の鎌倉三代将軍・源頼家ゆかりのお寺さんです。
京都屈指の歓楽街・祇園の花見小路突き当たりにありながら、禅寺らしい落ち着きと謹厳さを持つ建仁寺。
その大きな見どころをご紹介しましょう。

~国宝・風神雷神図~
一つは歴史や美術の教科書にも必ず出て来る「風神雷神図」。
江戸初期の大家・俵屋宗達の筆による、金屏風に描かれたしなやかの風神と雷神の姿は、見る者に迫力と感動を与えずにはいられません。
建仁寺では本堂奥の本坊で見ることが出来ます。
本物は京都国立博物館に寄託されている為、公開されているのはもちろん複製ではありますが、ここでこの絵を見ることに意義があるでしょう。

~禅寺庭園~
一番奥の大書院と小書院、二本の回廊に囲まれた中庭は、「潮音庭」という名前の枯山水庭園。
こちらは中央に三尊仏を表す三つの石が配され、軽やかな紅葉の木と苔の緑が美しい庭で、四方どこから眺めても楽しめることから「四方正面の庭」とも呼ばれています。
そして方丈の南西に広がる「大雄苑」。
白砂に岩と緑苔が浮かぶ典型的な枯山水ですが、緩やかに波打つ砂紋は打ち寄せる白波のようであり、滔々と流れる川の流れのようであり、雲海のようでもあり。
禅宗はなかなかに難解で、これらの庭園に込められた禅の思想は判然としませんが、眺めているだけで心がなだらかになります。

~法堂を埋め尽くす仏法守護龍~
最後に方丈から石畳の回廊を進んだ先にある法堂に入り、天井を見上げて下さい。
そこには仏法を守護する二匹の龍が釈迦如来の頭上で舞っています。
この龍、大きさにしてなんと畳108畳分。
その迫力を是非その目で確かめてみて下さい。

メニュー

AD

福岡の美容室「コンチェ」がなぜ人気があるのか。それは提案力!ヘアスタイルの技術だけでなく、家に帰った後の生活も考慮しデザインを提案します。どこの美容室で納得がいかなかった方、ぜひ一度ご相談ください。福岡市で美容室をお探しなら

 

Copyright 京都観光ナビ All Rights Reserved.