京都観光

京都観光ナビ

  •  
  •  
  •  

京都観光ナビ > 京都観光ナビ

天橋立

天橋立~百人一首にも詠まれた名勝~
「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天橋立」と和歌にも詠まれた天橋立は、平安時代からすでに人気の観光スポットでした。
海を分ける細い砂州には松の木が並び、その様子が天に伸びる梯子に見えると言われたのが「天橋立」という名前の由来です。

~ビューポイントはここ!~
天橋立には四大ビューポイントにそれぞれ名称があり、一番お薦めの南側、天橋立ビューランドからの眺めは砂州が天に昇る龍の姿に見えることから飛龍観と呼ばれています。
西の「一字観」は大内峠一字観公園から、雪舟がここから眺めを絵にしたことにちなむ雪舟観は東側、稲荷神社のさらに上にある雪舟展望台からの眺め。
そして北側の傘松公園からの眺めは斜め一字観。こちらは足の間から見る「股のぞき」発祥の地とも言われています。
どれも天橋立の魅力を十分に堪能出来る素晴らしい眺めですが、せっかくですからすべてのスポットで眺めてみてはいかがでしょう。
ちなみに、傘松公園では恋愛成就を祈願する南京錠が販売していたり、願いの鐘というカップル向けの撮影スポットもあったりして、デートスポットとしてもです。

~こどもと楽しむ天橋立~
だけどどれだけ素晴らしくても、景色を眺めるだけでは小さなお子さんには退屈でしょう。
そんな時は天橋立ビューランドの遊園地や、天橋立駅から車で30分ほどの丹後魚っ知館へどうぞ。
特に魚っ知館のタッチングプールは中に入って魚と遊べるので、お子さんも大満足間違いなし。
夏なら天橋立で海水浴もお薦めです。

天野橋立観光協会

 

Copyright 京都観光ナビ All Rights Reserved.